パルプ/製紙業

ITT Enidineは、製紙プロセスの開始から完成品まで、パルプ/製紙業界の主要コンポーネントサプライヤです。弊社の製品は、それぞれの独自の状況のニーズを満たすために現実のエネルギー吸収能力を提供します。 

プロセス内の機械の多くは、ある形態のエネルギー吸収および防振コンポーネント(パルプ/製紙機械、ロールストレージ機器、ロールオートメーションおよびロールコンベヤ)を利用しています。これらにはすべて、高インパクトに脆弱なクリティカルコンポーネントが存在します。ITT Enidineアジャスタブル/ノンアジャスタブルショックアブソーバ、ヘビーデューティシリーズショックアブソーバおよび 空気バネは、このようなクリティカルなアプリケーションに最適なソリューションを提供します。

コンベヤシステム向けエネルギー吸収および防振製品


アジャスタブルシリーズショックアブソーバ

ITT Enidineアジャスタブル油圧シリーズショックアブソーバは、入力パラメータが変化したり明確に定義されていない場合のエネルギー吸収アプリケーション 要件に対して最も柔軟性のあるソリューションを提供します。ITT Enidine OEMXTシリーズおよび大口径シリーズ は、インペリアルまたはメトリックスレッド構成(ストローク長が1~6 インチ)で提供されるロープロファイル調整ノブを提供します。競争的な交換の減少のために。また、ローレンジ(LROEMXT)シリーズ製品は、3インチ/秒の低速制御 、および最大4,000ポンドの推進力にも対応します。OEMXTおよびOEM大型シリーズのショックアブソーバは 、完全に現場での修理が可能です。

アジャスタブルシリーズショックアブソーバの詳細


 

ノンアジャスタブルシリーズショックアブソーバ

ITT Enidineノンアジャスタブル油圧シリーズショックアブソーバは、さまざまなエネルギー条件に対応できます。この ファミリは、毎回のサイクルで一貫した性能を提供します。ノンアジャスタブルモデルは 、コンパクトなエンベロープサイズで最大エネルギーを吸収するように設計されています。

ノンアジャスタブル工業用ショックアブソーバ

ノンアジャスタブルシリーズショックアブソーバの詳細


 

HD/HDNシリーズショックアブソーバ

ITT Enidineヘビーデューティシリーズ大口径油圧ショックアブソーバは、大きな衝撃から機器を保護します。 それらはさまざまなストローク長および減衰特性で利用でき、機器の寿命を延ばし 、厳しい減速要件を満たすことができます。

 

HDNシリーズ

カスタムオリフィス設計は、指定された 減衰要件に対応します。コンピュータで生成された
出力性能シミュレーションを使用してオリフィス構成を 最適化します。最大 4インチ(100mm)の標準口径寸法と 60インチ(1,524mm)を超える ストロークが利用可能です。

 

HDAシリーズ

アジャスタブルユニットにより、 ユーザーは、 最大12インチ(305mm)のストロークにより、 負荷速度の変動に対応するためにショックアブソーバの抵抗値を変更できます。標準アジャスタブル 構成が利用可能です。

ヘビーデューティ工業用ショックアブソーバ

HD/HDNシリーズショックアブソーバの詳細


 

空気バネ

空気バネは、非常に耐久性があり、精密に設計され、費用対効果も高く、 さまざまな作動および防振アプリケーションに使用できます。実績のある 設計、繊維補強ネオプレンまたは天然ゴムのフレックス部材構造 と腐食保護されたエンドリテーナーにより、空気バネは優れた 品質と性能を提供します。


空気バネは、アクチュエータとして直線運動または 角運動を提供します。これらの空気バネは、エアシリンダに比べてストローク/コンプレッション高さ比 が 良好であり、 空気、水、窒素、不凍液などのさまざまな作動媒体 を受け入れることができます。

空気バネは、アイソレータとして振動の悪影響を 低減するのに効果的です。それらは可能
空気バネは振動の分離と負荷の高さ の調整を同時に行うことが可能であり、またさまざまな負荷の下で一貫した防振を実現します。

空気バネの詳細

Enisize Sizingソフトウェア
お客様のクリティカルなアプリケーションにはショックアブソーバが必要ですか?
使いやすいインターフェースを使用して、複数の製品選択とモデルをお客様のデザインに含めることにより、お客様はいつでも適切な製品を簡単に見つけることができます!

ヘルプが必要、詳細を知りたいですか?

弊社のオンライン照会フォームを送信して、弊社の工業用製品およびサービスに関するヘルプを得るか、または詳細をご確認ください。



パルプと紙の概要

米国の年間紙使用量
9,000万トン
 
1人あたりの平均紙使用量
700ポンド(年間)
 
発行された書籍の数
20億
 
印刷された雑誌の数
3億5,000万
 
生産された新聞の数
24億
 
リサイクル紙の割合
製紙向けに34%使用