ショックアブソーバソリューション

アプリケーションの問題:

お客様は、製造されるガラス瓶の完全性を危険にさらすことなく、独立したステーション(I.S.)のガラス成形機からガラス瓶の生産を向上させる方法を探していました。 瓶のネック部および開口部が製造プロセス中に応力破損を特に受けやすいため、それに対するソリューションが必要とされました。 供給されるエネルギー吸収製品では、高い周囲温度で動作し、汚れた環境で動作することが必要になります。  彼らの機械には既存のソリューションが存在していましたが、競合他社'のショックアブソーバは途中で早期に故障し、製品の破損や不要なダウンタイムが発生していました。
 

ITTカスタムソリューション:

ITT  Enidine OEM 2.0M X 2ショックアブソーバには、新しい高温ピストンロッドシールとテフロンコーティングの通電ピストンリングが付属しています。  1秒あたりより高いエネルギーを奪取するための補強されたシリンダ本体に加え、高温の不燃性の内部流体もユニット内に設計されました。
 

お客様のメリット:

新しいシールは、侵入に対して実用的なシールを提供し、内部の摩耗を減らし、ショックアブソーバ'の耐用年数を延ばし、お客様の大幅なダウンタイムとコストの削減を実現しました。