コンパクトワイヤロープアイソレータ

Compact Wire Rope Isolators

小型パッケージでの防振

防振性能を最大限に発揮するには、Enidine 'のコンパクトワイヤロープアイソレータを使用します。コンパクト設計は、一般的なワイヤロープよりも小さく、パッケージスペースと揺れが問題となる状況でも衝撃吸収と振動吸収の両方を提供できます。 
コンパクトワイヤロープアイソレータ
Enidine 'のコンパクトワイヤロープアイソレータは、オール金属製で、最高の多軸衝撃および防振を小型パッケージで実現します。WRI製品は厳しい環境でも信頼性が高く、メンテナンスはほぼ不要であり、オイル、オゾン、研磨材、化学薬品に対しても高い耐性を有しています。CWRI製品を使用すると、早期の機器障害の発生や、コストのかかる機械のダウンタイムを削減できます。 

非標準のアプリケーションを有している場合でも、通常のワイヤロープアイソレータを使用できます。これらの標準製品は、ほぼあらゆるアプリケーションに対応できます。独自の状況では、Enidineではお客様のニーズに合わせてカスタムアイソレータを作成できます。 
 

データシート

仕様

  • 簡単な設置
  • 静的負荷対応
  • 費用対効果と耐久性
  • 厳しい環境に適した金属設計
  • センシティブな機器に最適
  • -100ºC~260ºCの範囲の温度に最適
  • コンパクト設計による個別システムコンポーネントの絶縁

アプリケーション


弊社のコンパクトワイヤロープシリーズ製品は、以下のアプリケーションで使用されます。

  • ディスクドライブ
  • 医療機器
  • センシティブなモバイルエレクトロニクス
  • 電子キャビネット
  • 小型ポンプ&モーター
  • センシティブなアイテムの出荷

よくあるご質問

エラストマー部品またはワイヤロープアイソレータ(WRI)は、激しい衝撃アプリケーションに適していますか?

WRIは当然のことながら衝撃分離に最適です。エラストマー部品は、激しい衝撃用に特別に設計し、非常に適切に機能できます。

エラストマー部品またはワイヤロープアイソレータ(WRI)は、極めて特定の多軸剛性の要件に適していますか?

エラストマーは、多軸システムでカスタムアイソレータパフォーマンスを作成する際により柔軟性を持ちます。また、WRIは、剛性をカスタマイズするために異なる方法で巻くことも可能です。

減衰とは?

時間または変位に伴うエネルギーの消散を示します。一般的なタイプの減衰は数多くあります。例えば、粘性減衰(油圧ショックアブソーバのオリフィス)、ヒステリシス減衰(エラストマーアイソレータで発生)、クーロン減衰(ワイヤロープアイソレータの場合と同様)などです。

3桁のワイヤロープアイソレータ(WRI)モデルのインデックス番号には意味がありますか?

200、400、600、800のインデックス番号の違いは、シリーズ内での相対的な意味があります。数値が大きいほどアイソレータは高くなりますが、アイソレータの剛性は低くなります。

ワイヤロープアイソレータ(WRI)はテンションとコンプレッションにおいて同じ剛性を備えていますか?

いいえ。テンション剛性はコンプレッション剛性よりもはるかに大きくなります。また、ITT Enidine Inc. Incorporatedでは、WRIをテンションで使用することを推奨していません。

ITT Enidine Inc. Incorporatedでは、腐食性環境向けのワイヤロープアイソレータ(WRI)を製造していますか?

はい。ITT Enidine Inc. Incorporatedの標準WRI製品は、ステンレス鋼およびアルミニウム製です。標準製品は、一般的な通常の屋内環境で正常に使用できます。塩水または腐食性化学物質にさらされるなど、より大きな保護が必要な場合は、ステンレス鋼の使用を検討する必要があります。

ノイズを低減するには?

妨害ノイズレベルを低減するには、2つの重要な要素を特定することが非常に重要になります。最初の要素はノイズ源です。2つ目はノイズの周波数です。通常、振動マウントが振動に応じて設計されます。

幅広い温度範囲での使用に関して、ワイヤロープアイソレータ(WRI)とエラストマーはどのように比較されますか?

WRIは、性能の変化が少なく、より広い温度範囲にわたって使用できます。適切なエラストマーを選択した場合、エラストマーはほとんどのアプリケーションに有効に機能します。

ワイヤロープアイソレータ(WRI)からどのくらいの減衰が期待できますか?

WRIでは5%~20%の減衰が可能です。減衰量はワイヤ径とストロークに関係します。ワイヤ径が大きいほど、アイソレータの減衰(および剛性)が大きくなります。減衰は、小振幅振動では少なくなります。

自由度とは?

これは、エラストマーまたはワイヤロープアイソレータなどの防振デバイスが移動可能な6つの移動方向を表します。

WRシリーズ番号は、標準のワイヤロープアイソレータ(WRI)の何を表していますか?

WRに続く数字は、インチを32で割ったワイヤ直径を表します。WR5シリーズアイソレータは、直径5/32”のワイヤを使用します。

クーロン減衰とは?

振動システムの減衰力が一定であり、かつシステムの位置または速度に依存しない場合、システムはクーロンまたは乾式摩擦減衰を有すると言われます。

クリティカル減衰とは?

クリティカル減衰とは、システムを振動なしでその平衡位置に戻すために必要な最小量の減衰です。

減衰係数とは?

システムの減衰量を定義する、無次元比。一般的にはC/Crとして定義されます。

励振周波数とは?

外部の力または変位がシステムに加えられる単位時間あたりの振動数として定義され、'強制周波数'とも呼ばれます。通常、Hz(1秒あたりのサイクル数)で測定されます。

脆弱性とは?

特定の機器が耐えられる衝撃または振動の量を示します。分離システムは通常、分離対象機器の脆弱性レベルまで力の伝達を制限するように設計されます。

Gとは?

Gは、重力によって生じる加速の値です。

分離効率とは?

分離効率は、振動マウントを通じて伝達されない振動力または動作の割合です。

損失係数とは?

損失係数は、エラストマーにおける減衰値の尺度です。

固有周波数とは?

平衡位置から変位(ずれ)が生じた場合に振動系が振動する周波数で、自由に振動することが許される周波数です。通常、Fnとして示され、Hz(1秒あたりのサイクル数)で測定されます。

ノイズとは?

ノイズは空気の振動です。空気の振動は通常、周波数および強度(ラウドネス)レベルを有します。ノイズは人間の耳に届くものです。

共鳴とは?

励振の周波数がシステムの固有周波数と等しい場合、共振が発生します。共振が発生した場合、システムへの振動入力の増幅が生じます。これは分離システムの減衰によってのみ制限することが可能です。

ワイヤロープアイソレータ(WRI)で選択する必要があるマウントオプションは?

アプリケーションによって異なりますが、一般的にはショックアプリケーションの場合、マウントオプション"B、" "D、"または"E"を使用します。

高周波振動向けに適しているのは、エラストマー、ワイヤロープアイソレータ(WRI)のどちらですか?

通常、高周波振動(>500Hz)向けにはエラストマーのほうが適しています。中間周波数アイソレーション(20~100Hz)の場合にはどちらも適しています。

コンパクトワイヤロープアイソレータ

Compact Wire Rope Isolators

小型パッケージでの防振

防振性能を最大限に発揮するには、Enidine 'のコンパクトワイヤロープアイソレータを使用します。コンパクト設計は、一般的なワイヤロープよりも小さく、パッケージスペースと揺れが問題となる状況でも衝撃吸収と振動吸収の両方を提供できます。 
コンパクトワイヤロープアイソレータ
Enidine 'のコンパクトワイヤロープアイソレータは、オール金属製で、最高の多軸衝撃および防振を小型パッケージで実現します。WRI製品は厳しい環境でも信頼性が高く、メンテナンスはほぼ不要であり、オイル、オゾン、研磨材、化学薬品に対しても高い耐性を有しています。CWRI製品を使用すると、早期の機器障害の発生や、コストのかかる機械のダウンタイムを削減できます。 

非標準のアプリケーションを有している場合でも、通常のワイヤロープアイソレータを使用できます。これらの標準製品は、ほぼあらゆるアプリケーションに対応できます。独自の状況では、Enidineではお客様のニーズに合わせてカスタムアイソレータを作成できます。 
 

データシート
仕様
  • 簡単な設置
  • 静的負荷対応
  • 費用対効果と耐久性
  • 厳しい環境に適した金属設計
  • センシティブな機器に最適
  • -100ºC~260ºCの範囲の温度に最適
  • コンパクト設計による個別システムコンポーネントの絶縁
アプリケーション


弊社のコンパクトワイヤロープシリーズ製品は、以下のアプリケーションで使用されます。

  • ディスクドライブ
  • 医療機器
  • センシティブなモバイルエレクトロニクス
  • 電子キャビネット
  • 小型ポンプ&モーター
  • センシティブなアイテムの出荷

エラストマー部品またはワイヤロープアイソレータ(WRI)は、激しい衝撃アプリケーションに適していますか?

WRIは当然のことながら衝撃分離に最適です。エラストマー部品は、激しい衝撃用に特別に設計し、非常に適切に機能できます。

エラストマー部品またはワイヤロープアイソレータ(WRI)は、極めて特定の多軸剛性の要件に適していますか?

エラストマーは、多軸システムでカスタムアイソレータパフォーマンスを作成する際により柔軟性を持ちます。また、WRIは、剛性をカスタマイズするために異なる方法で巻くことも可能です。

減衰とは?

時間または変位に伴うエネルギーの消散を示します。一般的なタイプの減衰は数多くあります。例えば、粘性減衰(油圧ショックアブソーバのオリフィス)、ヒステリシス減衰(エラストマーアイソレータで発生)、クーロン減衰(ワイヤロープアイソレータの場合と同様)などです。

3桁のワイヤロープアイソレータ(WRI)モデルのインデックス番号には意味がありますか?

200、400、600、800のインデックス番号の違いは、シリーズ内での相対的な意味があります。数値が大きいほどアイソレータは高くなりますが、アイソレータの剛性は低くなります。

ワイヤロープアイソレータ(WRI)はテンションとコンプレッションにおいて同じ剛性を備えていますか?

いいえ。テンション剛性はコンプレッション剛性よりもはるかに大きくなります。また、ITT Enidine Inc. Incorporatedでは、WRIをテンションで使用することを推奨していません。

ITT Enidine Inc. Incorporatedでは、腐食性環境向けのワイヤロープアイソレータ(WRI)を製造していますか?

はい。ITT Enidine Inc. Incorporatedの標準WRI製品は、ステンレス鋼およびアルミニウム製です。標準製品は、一般的な通常の屋内環境で正常に使用できます。塩水または腐食性化学物質にさらされるなど、より大きな保護が必要な場合は、ステンレス鋼の使用を検討する必要があります。

ノイズを低減するには?

妨害ノイズレベルを低減するには、2つの重要な要素を特定することが非常に重要になります。最初の要素はノイズ源です。2つ目はノイズの周波数です。通常、振動マウントが振動に応じて設計されます。

幅広い温度範囲での使用に関して、ワイヤロープアイソレータ(WRI)とエラストマーはどのように比較されますか?

WRIは、性能の変化が少なく、より広い温度範囲にわたって使用できます。適切なエラストマーを選択した場合、エラストマーはほとんどのアプリケーションに有効に機能します。

ワイヤロープアイソレータ(WRI)からどのくらいの減衰が期待できますか?

WRIでは5%~20%の減衰が可能です。減衰量はワイヤ径とストロークに関係します。ワイヤ径が大きいほど、アイソレータの減衰(および剛性)が大きくなります。減衰は、小振幅振動では少なくなります。

自由度とは?

これは、エラストマーまたはワイヤロープアイソレータなどの防振デバイスが移動可能な6つの移動方向を表します。

WRシリーズ番号は、標準のワイヤロープアイソレータ(WRI)の何を表していますか?

WRに続く数字は、インチを32で割ったワイヤ直径を表します。WR5シリーズアイソレータは、直径5/32”のワイヤを使用します。

クーロン減衰とは?

振動システムの減衰力が一定であり、かつシステムの位置または速度に依存しない場合、システムはクーロンまたは乾式摩擦減衰を有すると言われます。

クリティカル減衰とは?

クリティカル減衰とは、システムを振動なしでその平衡位置に戻すために必要な最小量の減衰です。

減衰係数とは?

システムの減衰量を定義する、無次元比。一般的にはC/Crとして定義されます。

励振周波数とは?

外部の力または変位がシステムに加えられる単位時間あたりの振動数として定義され、'強制周波数'とも呼ばれます。通常、Hz(1秒あたりのサイクル数)で測定されます。

脆弱性とは?

特定の機器が耐えられる衝撃または振動の量を示します。分離システムは通常、分離対象機器の脆弱性レベルまで力の伝達を制限するように設計されます。

Gとは?

Gは、重力によって生じる加速の値です。

分離効率とは?

分離効率は、振動マウントを通じて伝達されない振動力または動作の割合です。

損失係数とは?

損失係数は、エラストマーにおける減衰値の尺度です。

固有周波数とは?

平衡位置から変位(ずれ)が生じた場合に振動系が振動する周波数で、自由に振動することが許される周波数です。通常、Fnとして示され、Hz(1秒あたりのサイクル数)で測定されます。

ノイズとは?

ノイズは空気の振動です。空気の振動は通常、周波数および強度(ラウドネス)レベルを有します。ノイズは人間の耳に届くものです。

共鳴とは?

励振の周波数がシステムの固有周波数と等しい場合、共振が発生します。共振が発生した場合、システムへの振動入力の増幅が生じます。これは分離システムの減衰によってのみ制限することが可能です。

ワイヤロープアイソレータ(WRI)で選択する必要があるマウントオプションは?

アプリケーションによって異なりますが、一般的にはショックアプリケーションの場合、マウントオプション"B、" "D、"または"E"を使用します。

高周波振動向けに適しているのは、エラストマー、ワイヤロープアイソレータ(WRI)のどちらですか?

通常、高周波振動(>500Hz)向けにはエラストマーのほうが適しています。中間周波数アイソレーション(20~100Hz)の場合にはどちらも適しています。