WEARパイプ拘束

WEAR Pipe Restraints

配管システム向けのエネルギー吸収

WEAR™(Wire Energy Absorbing Rope)パイプ拘束は独自にパッケージされたワイヤロープアイソレータで、構造物を定常状態の振動から保護し、それらを地震負荷および動的負荷から隔離するように設計されています。これらの新世代のエネルギー吸収拘束はシンプルな構造を特徴としています。これらの機能を果たすために必要なオイル、シール、複雑な可動部品はありません。この設計は、複雑で故障しやすい油圧式または機械式の拘束に頻繁に関連する問題を排除しています。

この技術の基本要素であるワイヤロープアイソレータは、25年以上にわたって軍事分野で正常に使用されてきました。結果として、これは政府および軍の品質管理要件に適合しています。このため、拘束はサーベイランス試験の対象から除外されます。操作性を確保するために必要になるのはインプレースの目視検査のみです。WEAR™には、幅広い配管付属品が用意されており、ISO 9001、Mil-Q、Mil-I、B31.1またはASME Section III subsection NFに合わせた供給が可能です。

データシート

アプリケーション

WEAR™パイプ拘束/防振器

  • 原子力、化石発電プラント、製油所、構造物
  • オイル、シール、グリースまたはメンテナンスは不要
  • ほとんどのパイプ取り付け用ハードウェアに対応
  • 原子力発電所

詳細...


WEARパイプ拘束

WEAR Pipe Restraints

配管システム向けのエネルギー吸収

WEAR™(Wire Energy Absorbing Rope)パイプ拘束は独自にパッケージされたワイヤロープアイソレータで、構造物を定常状態の振動から保護し、それらを地震負荷および動的負荷から隔離するように設計されています。これらの新世代のエネルギー吸収拘束はシンプルな構造を特徴としています。これらの機能を果たすために必要なオイル、シール、複雑な可動部品はありません。この設計は、複雑で故障しやすい油圧式または機械式の拘束に頻繁に関連する問題を排除しています。

この技術の基本要素であるワイヤロープアイソレータは、25年以上にわたって軍事分野で正常に使用されてきました。結果として、これは政府および軍の品質管理要件に適合しています。このため、拘束はサーベイランス試験の対象から除外されます。操作性を確保するために必要になるのはインプレースの目視検査のみです。WEAR™には、幅広い配管付属品が用意されており、ISO 9001、Mil-Q、Mil-I、B31.1またはASME Section III subsection NFに合わせた供給が可能です。

データシート
アプリケーション

WEAR™パイプ拘束/防振器

  • 原子力、化石発電プラント、製油所、構造物
  • オイル、シール、グリースまたはメンテナンスは不要
  • ほとんどのパイプ取り付け用ハードウェアに対応
  • 原子力発電所

詳細...